起業ノートのススメ💡【起業を現実化する】第4話 ~ ”起業動機”をしっかりと心に刻む ~

モチベーションを維持するために、起業する動機をしっかりと心に刻む

第1話 はこちらからご覧頂けます。
第1話 僕が起業ノートを薦める訳

 

最初に自分がなぜ起業したいのか?

 

を、箇条書きに心の奥底に秘めた想いを書き記しました。

 

起業の動機

①父が自営業ということもあり、自分も父のように起業し、挑戦してみたい。

 

②佐久間 信語 のブランドで商品・サービスを創り、人の役に、社会の役に立ちたい。

 

③自分が理想とする働きやすい、良い会社を創ってみたい。

 

④ゼロからイチの事業を自ら生み出してみたい。

 

⑤一度きりの人生、一生雇われの身で働き続けるのでなく、自ら舵を取り、道なき道を突き進む経営者になってみたい。

 

お恥ずかしいエピソード

僕は25歳の時に10年後に起業するという目標を掲げて突っ走ってきて、33歳の時にとある経営者の方から、あることを言われ「はっ!」とする。

 

佐久間:「僕は35歳で起業するのが夢なんです」

 

A社長:「君のその夢は夢ではなく、単なる手段に過ぎない」

「君はどんなことを実現するために、起業したいのかな?」

 

佐久間:「はっ!」

「ヤベ!」

「起業して何を実現したいかなんて考えてこなかった」

 

と、起業2年前にして、重大なことに気が付くのであった(笑)

 

起業とは自己実現を果たすためのスタートラインに立つ行為に過ぎないのに、ゴールとして掲げ突っ走ってきてしまったのである。

 

それから、過去の経験から、どんな自己実現を果たすために、起業するのかを真剣に考え始めました。

 

果したい自己実現

①音楽を通して、人と人の心を繋ぎ、リアルにつながり合い、寄り添い合い、共感し合える場創りをする。

 

②地域や社会の問題をビジネスとして解決し、持続可能なソーシャルビジネスのモデル事業を創り、社会に貢献する。

 

③17年間 現場管理の仕事で培った、プロジェクトマネジメントのノウハウを社員教育、人材育成などに役立てる。

 

④障害がある方もない方も出来ないことに目を向けるのではなく、出来ることに目を向け、その長所(才能)を生かし輝かせる舞台(雇用)を創る。

 

⑤精神疾患やうつ病を抱えている方々が、精神科の薬に頼るのではなく、自己の自然治癒力を高め、自らの力で回復していけるような、メンタルサポート機関を創る。

 

このように、起業の動機、そして起業してどんな自己実現を果たしたいのかを、ノートに書き記しました。

 

この2年間、何度も何度も起業家に向いていないのではないかと思うことが、たくさんありましたが、その度に心の奥に刻んだ自らの熱い想いを思いだし、

 

「3歩進み、2歩下がりながら」少しずつ、自己実現を果たすために上を向いて歩いていこうと思います。

 

最後まで読んで頂き、
いつもありがとうございます。

~次週につづく~(第5話 起業のメリット、デメリット)

☆しんちゃんの今週のオススメ本☆
【ガイアの法則】~新文明の幕開け!「日本の東経135度」ラインが宇宙文明の中心になる~

アメブロの読者登録はこちらをポチっと
アメブロ読者登録(毎週日曜日19時 更新中)

 

☆6月3日(日)18時~『テクフィン TV』動画配信スタート(第1・第3 日曜日に配信予定)