10年前の自分との約束 『起業までの道のり』 第2話〜目標設定〜

第2話 〜目標設定〜

起業すると決意してから1番最初に行ったこと、それは『目標設定』です。 いつまでにどうなりたいのか?これが全ての始まりでした。そこで25歳の時に『35歳で起業する』という明確な目標設定をしました。その瞬間から意外と時間がない!10年なんてあっという間!35歳までに起業する為には今何をしないといけないかが、明確に見えてきて、それから逆算の人生が始まりました。

☆夢を実現するために実践した 5つの事☆

①明確な『目標設定』をする

②先延ばしにしない『行動力』を身につける

③『リーダーシップ力』を身につける

④異業種の方々と出会う『人脈作り』

⑤全ての物事を『ポジティブ』に捉える

☆夢を実現するために必要だった心構え5つの事☆

①人のせいにしない、全ては自己責任

②奉仕の精神(人のために)

③日常の些細な事に、感謝する心

④逆境や苦難は自分が成長する為に通るべき学びの場として、あるがまま受け入れる

⑤等身大の自分をさらけ出す勇気

☆明確な目標設定を持つことで変化した8つの事☆

①無駄な残業をしないで、起業準備の為の時間を作る

②テレビの視聴時間を減らし読書の時間を増やした

③リーダーシップ力をつけるため、様々な場で、自ら率先してリーダーに立候補した

④常に『起業』のアンテナを張ってビジネスアイディアが浮かんだら携帯へメモ貯めした

⑤やりたいと思った事は全て携帯にメモして有言実行するように心がけた

⑥行きたい!会いたい!と思ったら、即行動するように癖付けした

⑦人脈を増やし、視野を広げるために、色々な活動に参加した

⑧自分に限界を作らないで、やったことがない事こそどんどん挑戦した

夢の期限を決めた事により、日々の行動が明確になり、『今これを経験しとかないと、絶対に起業は出来ない』と自分に強く言い聞かせ、常に向上心を持って行動しようと思えた。

追記【今思うこと】

明確に目標設定することで、逆に良い出会い、良いチャンスを見送り、遠回りをしている事も、多々あったな〜と思います。

自己啓発をし過ぎた結果、こうでなければならないと、自分の考えが正しいんだと、人の意見に耳を傾けられない自分がいたな〜と。

それが結果的に自分を追い込み、苦しめるきっかけになっていたなと反省。

今は目の前の必然的なご縁を大切にして、自然の流れに身を委ねて行こうと考えがかわりました。

10年前の自分との約束 『起業までの道のり』 第3話〜行動力〜