【急遽!支え愛ボランティア団体「いっぽん」を立ち上げます】2018.9.14

急遽!支え愛ボランティア団体「いっぽん」を立ち上げます

ボランティア団体「いっぽん」❗️今朝の道新朝刊に掲載!2018.9.16

今回、だれもが何か支援したいけど、どんな支援の方法があって、何をしたら良いのかわからないと思った方々が、大多数だったのではないでしょうか?

正直、僕もそうでした。

そんな、ひとりひとりの小さな支え合いたいという想いを生かしたい、

たとえそれが、一本の箸だったとしても、みんなで持ち寄れば、10本、100本、1000本となり、被災地で必要とされる大切な支援物資に変える事ができる。

そんな想いを込めて立ち上げます。

支え愛ボランティア団体「いっぽん」

そして、早速今週末9月15日から、今回、震度6強の地震により甚大なる被害を被った、母の実家がある、小さい頃から遊び慣れ親しんだ 安平町 追分へ、心身の癒しのケアサポートとして、あんまマッサージ師4名、ハンド・フットマッサージ師2名、

そして、「いっぽん」のロゴを作成して下さった 左手の慶書家 “井原 慶一朗”さんと共に、支え愛ボランティアとして現地入りします。

そこで、今後このボランティア団体は胆振東部地震の支え愛活動に限らず、日本の支え愛の輪を広げるために、様々な活動をしていこうと考えており、

色々と支え愛資金が必要になってくるため、もし賛同して頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひ『いっぽん』にご支援頂けると非常にありがたく想います。

もし、ご寄付をご検討されている方がいしらっしゃいましたら、「いっぽん」事務局の佐久間 奈々まで、一度お問い合わせくださいませ。

どうぞ、ご支援・ご協力の程宜しくお願い致します。

[ご寄付・ご支援様の情報はこちらからお願い致します]

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

メッセージ(必須)

私にできること(寄付又は現地での活動(マッサージ、ヨガ、楽器演奏、力仕事他))