【テクフィン物語】〜 言葉の壁を超えて〜 最終話

最終話 言葉の壁を超えて〜

前回のお話はこちらから → 第5話

2017年7月、テクニカルフィンガーズは、ギターと三味線を片手にケニアを訪れ、スラム街の子供たちや エイズ孤児たちをはじめ、1,300人の方々に音楽をお届けしてきました。

 

渡航までには、様々な困難があったが、ケニアでの演奏、そして子供たちとの交流を通して、音楽のあるべき姿を感じてきたのである。

ケニアの公用語であるスワヒリ語も 英語も話せない僕たちが、ケニアの方々と交流できたのはなぜか⁉︎

 

それは、そこに音楽があるから、音楽は人種や言葉の壁をも超え、音を通じてあらゆるものを表現できるものなのである。

 

音感がなくても、リズム感がなくても、そこに音の響きを楽しもうとする気持ちがあれば 誰にでもできるもの、それが ほんとうの音楽なのではないのか。

 

ケニアの方々との交流を通して、そう感じた僕たちであった。

 

ケニアでの活動の様子は、またの機会に書き記したいと思います。

 

乞うご期待!

【 テクフィン物語 】〜 メンバー紹介 ギターのてっちゃん 〜 第1話