35歳からの挑戦❗️【僕は会社を辞めました!見切り発車の大バカ者ですww】第四話 ~現れる、唯一の理解者が~

ライバルは常に自分だ!弱気になったりする自分に負けるな!

第一話はこちら→

25歳の頃から起業する事を夢見て生きて来て、



起業したいという想いを友達に相談してみたものの、



ほぼ全員に反対され、自信を失いかけていた頃に、



ある方に相談してみる事にした。



絶対反対されるよな・・・



もう無謀な挑戦はしないで、諦めようかな・・・



完全に弱気モード全開!



意を決して、恐る恐る相談してみた。



俺「会社を辞めて、起業したいと思うんだ」



そして、言われた言葉は、



ある方「せっかく良い会社に勤めているのだから、辞めるのはもったいない。このご時世だ。会社を辞めたら、今以上の会社に再就職することは難しいぞ!」



予想とおりの返答に、「ですよねー」と想いつつ、内なる声が込み上げてきた!



俺「俺も父のように、日立の看板ありきではなく、自分の信用で、商品・サービスを作ってみたい。幼いころから父を尊敬し、誰よりも苦労している父の背中をみて育ってきた。そして、いつの日からか、俺も父のような経営者になりたいと思うようになったんだ!!」



ある方、いや ”父” の顔つきが変わった!



父「よしわかった!信語の人生だ!やりたいようにやってみろ!」



父「ただし、事業計画書をもってきなさい!俺がジャッチする!」




なんとも頼もしいお言葉を頂き、弱気モードから本気モードへ切り替わった。




父は、30歳の時、佐久間三男行政書士事務所を設立し、40年以上会社を経営している、俺が大尊敬する憧れの経営者である。




会社名に自分の名前が入っていて、自分ブランドで信用をコツコツと積み上げ、今も潰れずに、会社を続けられている父は、本当に偉大だなと思う。



行政書士の仕事柄、多くの会社設立の業務を代行していることもあり、事業計画書のジャッチはお手の物。


そんな父に、少し想いを理解してもらえたことが、とても嬉しかった。



『ライバルは常に自分だ!

弱気になったりする自分に負けるな!』


僕が10歳の頃、サッカー少年団で、急にボールが怖くなり、スランプに陥った時に、父からもらった、テレフォンカードに刻まれていた言葉!
しんどくなった時、いつもこの言葉に励まされている。

~次週につづく~ 「第五話 決意表明!退職日を決める。」 (毎週月曜19時更新)