【ボランティア団体 いっぽん☝️11月20日 活動報告】〜足湯ボランティア体験〜

【一般社団法人 いっぽん☝️11月20日 活動報告💡】〜足湯ボランティア体験♨️〜

昨日、むかわ町の仮説住宅談話室にて、名古屋から来られた経験者の方より足湯のレクチャーを受けてきました。

毎週末、安平町追分にてマッサージケア活動を行なっていますが、これからどんどん寒くなり、身体が冷えやすくなるので、12月より足湯も加えてみようと思っています♨︎

足湯は発汗による新陳代謝の活性化や睡眠の促進など、身体にとても良い効果をもたらすようです。

足湯ボランティアとは❓

1995年 阪神・淡路大震災の時に、東洋医学を学ぶ若いボランティアたちの手によって、始めらた足湯は、

極寒の避難所、お風呂に入れない被災者の方々に大変喜ばれ、

2004年 新潟県中越地震 → 2007年 能登半島地震 → 2011年 東日本大震災 → 2016年 熊本地震 など、現在も被災地のあちこちで足湯が続けられています。

次回の癒しのマッサージケア活動は11月24日(土) 10時〜 安平町追分法養寺さんにて開催予定💡