【💡ボランティア団体 いっぽん☝️10月27日の活動報告💡】〜安平町追分 法養寺さんにて、第6回 癒しのマッサージケア〜

安平町追分にて「癒しのマッサージボランティア」第6回目😌

 
今回は、、、。
💆‍♂️あなたの鉄のコリもほぐします。あんまマッサージ師“てっちゃん”
 
🌳台風で倒れてしまった 北大のポプラや、7年前に被害を受けた陸前高田市の7万本の松の木の一部などで作られたラブフルート。ドラム・カンテレなどを携えて来てくださった“小野昭一さんとキノシタさん”
 
🎶「いっぽん」の名刺も手掛けて下さった、ミュージックソー(のこぎり)奏者の“Yohさん”
6名のスタッフで活動させて頂きました😊
(本日はテクニカルフィンガーズのカメラ撮影も入っておりました)
 
今日は、癒しの音楽隊と癒しのマッサージ師による癒しの空間☘️
 
音と音の共鳴。自然の中にいる、というより、自然の一部として自分が溶け込んでいくような、心地よい響きが細胞に入っていく感覚…。
 
見慣れない楽器を前にみなさん興味津津👀
 
一緒にドラムを叩いたり、笑い声も響く時間でありました。
 
そして、
被災した時のお話や避難所で生活していたお話を、ポロリポロリとして下さる瞬間もありました…。
とても辛く大変な経験のお話でした😢
 
真夜中に、経験した事のない強い強い地震!!
停電・断水…。
 
毎日起こる余震…。
今この瞬間も、あの時の恐怖が身体から離れないのです。ほんの数日前のことのように、緊張の中で毎日過ごされています。
 
それでも、心の中に弱さを隠して「大丈夫!」「頑張ろう!」と強さを見せている方々…。
 
つい周りと比べてしまうけれど、頑張ってしまうけれど、
経験した恐怖はみんな同じです。
 
私も正直に言えば、少しの揺れでも
「この後強い揺れになるのかな…」
と身体と息が止まったり、
風で窓がガタガタしたり、少しでも揺れている感覚があると「地震!?」と身体が反応します。
 
「また大きい地震が起こるんじゃないか…」と、毎日不安な気持ちを奥底に潜めております。。。
 
そんな奥底に沈めてしまっている、みなさんの心に、ただそっと寄り添い、ポロリとこぼれた気持ちを優しく受け止めることができたらなぁ。。。
と思いますが、
 
住民の方の笑顔や優しさで、こちらがいつも癒され元気を頂いて帰ってきています…🍀
 
私たちも毎週心地よい時間を過ごさせて頂いております…。
いつも感謝しています…。
 
いつも大切な場所を貸して下さる法養寺様。
一緒に心地良い時間をつくって下さる皆様。
笑顔と優しさを分けてくださる追分の皆様。
 
ありがとうございました…🍀
 
来週も、追分の皆さんのもとへ…☺️
 
(一般社団法人 いっぽん 事務局 奈々)