《代表紹介・会社案内》サンライト・アビリティーズ / 一般社団法人 いっぽん

《代  表  佐久間 信語 の 経歴》

1980年2月 北海道札幌市に生まれる

1998年3月 (株)北海道日立に入社し、空調・低温設備工事の現場監督として17年7ケ月勤務

2006年 『津軽三味線』に出会いお稽古に通う。

2010年 『アフリカはウガンダ』へ小学校、エイズ孤児院等の視察に行く。

2012年  東日本大震災の復興応援ボランティアに参加(2回)

2013年 『東北復興応援バスツアー』を自主開催(延べ60名近くの友達を被災地へ)

2013年  盲目のギタリストてっちゃんと三味線のしんちゃんによるデュオ『テクニカルフィンガーズ』を結成。

2014年 『点字メニュー表推進プロジェクト』を立ち上げる。

2015年 『アフリカはケニア』のエイズ孤児院やスラム街の視察へ行き三味線の音色を届ける。

2015年 ドラムサークル ファシリテーター研修合宿に参加

2015年10月 (株)北海道日立を退職

2016年4月 サンライト・アビリティーズを設立

2016年5月 ガイドヘルパー(視覚障がい者同行援護)に従事。

2016年9月 台風10号の影響で甚大な被害を被った南富良野町のボランティアに参加(10回)

2016年11月 台風10号復興チャリティーイベント『Goen Fes 2016』を主催(参加者102名)

2017年7月  テクニカルフィンガーズは『ケニア』を訪れ、1,300人ほどの人々との言葉の壁を越えた音楽交流を果す

2017年11月 ケニア活動報告会をエルプラザ大ホールで開催(参加者92名)

2017年4月 南幌中学校 キャリア教育の特別講師として招かれ、講話・演奏を行う(テクニカルフィンガーズ)

2018年1月 江別第3中学校 キャリア教育の特別講師として招かれ、講話・演奏を行う(テクニカルフィンガーズ)

2018年8月 西日本豪雨の影響で甚大な被害を被った愛媛県宇和島市吉田町のミカン復旧ボランティアに参加

2018年8月25日 西日本豪雨災害 復興応援チャリティーイベントを主催(参加者40名)

2018年9月10日〜 安平町追分へ災害支援活動を行う。(物資支援、炊き出し、マッサージケアボランティア)

2018年10月1日 一般社団法人 いっぽん 設立 (支え愛ボランティア団体)

2018年10月4日 岩見沢明成中学校 道徳授業の講師として招かれ、講話・演奏を行う(テクニカルフィンガーズ)

2018年10月6日 胆振東部地震 復興応援チャリティライブを主催(参加者71名)

《会 社 概 要》

会社名: サンライト・アビリティーズ

設   立: 2016年4月1日

会社名:一般社団法人 いっぽん

設   立: 2018年10月1日

住   所: 〒063-0012 札幌市西区福井4丁目10-11

代   表: 佐久間 信語

連絡先 090–1306–0758 / s-sakuma@sunabi.net

《事業内容》

①点字メニュー表&点字プログラム制作 詳細は→こちら

②テクニカルフィンガーズ ライブ&講演 詳細は→こちら

③支え愛ボランティア活動「いっぽん」詳細は→こちら

④簡易PA音響機材出張レンタルサービス 詳細は→こちら

⑤点字ブランド 『LIDLESS』《リドリス》商品企画販売

⑥エアコン工事・設計・施工

⑦福祉音楽イベント企画運営

《メディア掲載》

2016年12月2日  UHB みんなのテレビ「第1回 おとなの運動会」イベント①

2018年5月10日 室蘭民報(夕刊) 「広まれ点字メニュー!」→ 点字メニュー①

2018年8月31日 北海道新聞(夕刊)「ギターと三味線 被災地思い熱演 西日本豪雨支援イベント」→ テクフィン①

2018年9月16日 北海道新聞(朝刊)「癒しのマッサージ!安平に指圧師ら9人」→ いっぽん①

2018年9月19日 北海道新聞(朝刊)「被災地への支援物資の配送、SNS活用、作業円滑に」→ いっぽん②

2018年11月12日 北海道新聞(朝刊)「飲食店に点字メニュー広めたい」→ 点字メニュー②