【ボランティア団体 いっぽん☝️1月18日 活動報告】〜『あるぼら✖︎いっぽん』学生さんとコラボ活動スタート〜

💡一般社団法人 いっぽん☝️1月18日の活動報告💡

 
 
昨年11月より毎月6日に開催している、防災について考えるワークショップで、ご縁が繋がった北海道大学のボランティア団体「あるぼら」さんと共に活動すべく、足湯のレクチャー会を行いました。
 
いっぽんの活動に、足湯を取り入れたいと考え、昨年11月に名古屋のレスキューストックヤードさん&名古屋みどり災害ボランティアネットワークさんより足湯のレクチャーを受け、
 
12月8日に安平町追分法養寺さんでのマッサージケアに加えて、初めて足湯を行なったところ大好評♨️
 
せっかくご縁が繋がった学生さんと共に何か活動できないかと色々考えた結果、
 
足湯だ❗️と思い立ち、
 
本日レクチャー会を開催しました
 
これからは、学生さんの力もお借りして、一緒に支え愛の輪を広げていければと思います🤝
 
🔴あるぼらとは
「あるぼら」は東日本大震災の復興支援のために生まれたプロジェクトです。
大学生数十名で1日アルバイトをし、そのお金で購入したものを東北へ寄付しています。
 
🔵足湯ボランティアとは
1995年 阪神・淡路大震災の時に、東洋医学を学ぶ若いボランティアたちの手によって、始めらた足湯は、極寒の避難所、お風呂に入れない被災者の方々に大変喜ばれ、現在も被災地のあちこちで足湯が続けられています。