【「3つのF」が価値になる!】〜SNS消費時代のモノの売り方〜 オススメ本 No.3

【「3つのFが」価値になる!】〜SNS消費時代のモノの売り方〜

コーチャンフォーミュンヘン大橋店

ビジネス書ランキング 17位(2018.5.9現在)

 

3大SNS(Intjaguram、Twitter、Facebook)の利用者数は年々、増加しています。

 

その一方、SNS離れしている人も多くなっているようです。

 

今までSNSをやっていなかった人が、みんなSNSを始める。

 

つながる人が多くなると、情報が多くなって、すべてを見られない。

 

多くの人がそんな状況になってしまいます。

 

SNSでのつながりが増えれば増えるほど、投稿はますます見られなくなるというジレンマです。

 

そんな状況でより、大事になってくるのは、あなたの発信に共感してくれる人と、しっかりとつながることです。

 

つながっている人たちが喜ぶ情報とはなんだろう。

 

そう考える事がますます重要になるのです。

 

このSNSやリアルのつながりを「3つのF」とは呼んでいます。

家族(Family)

友達(Friend)

フォローワー(Follower)

 

どんなに優れた宣伝も、家族のひと事にはかなわない。

 

どんなに優れた広告も、仲間の勧めにはかなわない。

 

どんなに優れたマーケティング戦略も、個人と個人とのつながりにはかなわない。

 

顧客との長期にわたっての信頼関係を創っていくこと。

 

これが、時間はかかるけれど、お金では買えない、あなたや会社の「価値」になるのです。

 

人は関係性の深いところで消費する。

 

すべての消費が、SNSでのコミュニティ内で行われる日も、そう遠くはないかもしれません。

 

【「3つのFが」価値になる!】

〜SNS消費時代のモノの売り方〜

第1章 SNS消費時代。あなたの発信は、それ自身が「商品」

第2章 「つながり」の経済では、「3つのF」が力を持つ

第3章 やり方ではなく、楽しみ方!

第4章 商品・サービスではなく、個人にファンがつく時代

《著者》藤村 正宏
1958年、北海道生まれ。明治大学文学部卒業。体験を売るという実践的マーケティング手法「エクスペリンス・マーケティング」(エクスマ)の考え方で、集客施設や企業のコンサルティングを行う。

経営者を対象とした「エクスマ実践塾」も開催。すでに1000社以上の経営者がこの塾を体験、圧倒的な業績をあげている。毎回キャンセル待ちが出るほどで札幌、仙台、東京、大阪、広島、福岡など全国で実施。講演やセミナーは年間100回以上。

フリーパレット集客施設研究所代表。

主な著書『「つながり」で売る!7つの方法を」』『新版 安売りするな!「価値」を売れ!』

《出版社》日本経済新聞出版社

《発行》第1刷 2018年2月1日