【北海道ボランティア団体 いっぽん☝️10月9・10日 活動報告】 ~台風15号により被災した千葉県へ~

【一般社団法人 いっぽん☝️10月9・10日 活動報告】
~台風15号により被災した千葉県へ~

9月5日に発生した台風15号は、
9月9日5時前に千葉県千葉市に上陸。

千葉県内に甚大な被害をもたらしました🌀

昨年の北海道を襲った震度7の地震。

この時、多くの、多くの方の心も身体も傷つけられました…。

その痛みを知っているからこそ、

千葉県で被災された皆々様の事が、気になり、気になり、気になり…。

しかし、どの地域がどれほどの被害を受け、どのように復旧が進んでいるのか…?

その情報を集めるのは困難でした…。

*

ならば!
会いに行こう!
現地で懸命に頑張っている人の元へ!
そして伝えよう!
被災された千葉県の事を!

9月末に、北海道まで駆けつけ足湯活動をして下さった、神奈川県の“飯嶋麻里”さんと手を取り、

“いっぽん”は、
現地でマッサージケアをさせて頂けました🌱

💡10月9日 南房総市三芳災害ボランティアセンターにて💡

発災から休むことなく、地域のため・住民様のために尽力されている支援者様への、マッサージケアをさせて頂きました。

💡10月10日 館山市大神宮地区、富崎公民館にて💡

午前は、広島市内でアクセサリー屋を営み、災害地にてコーヒーを入れながら心の支援をされている“Beija Flor”さんと

青空カフェとマッサージ🌈

午後は公民館をお借りしまして、住民様へのマッサージケアを、させて頂きました。

そして、、、

🍀応援メッセージ付きアシスト瓦🌈被災地から被災地へ🌈🍀

千葉県内では、多くの家屋の瓦が甚大な被害を受け、

今も尚、雨漏りやカビ問題に頭を悩まされ、大変な状況の中での生活を余儀なくされている住民様が沢山いらっしゃいます。

北海道から出来る支援❗️

応援メッセージ付き瓦(アシスト瓦)を作成して現地へ届けるというプロジェクト!

今回は、胆振東部地震で甚大な被害を受けた 「安平町追分中学校3年A組」の学生さんや追分住民の方々にご協力頂き、

千葉県で災害支援活動にご尽力されている「災害救援 レスキューアシスト」さんへお届けして参りました🤝✨

やっと一ヶ月という節目を迎え、心も身体も悲鳴をあげ始める頃…。

2日間で、述べ33名の支援者様・住民様のマッサージケアをさせて頂くことが出来ました。

皆様の想いやお話を、たくさんたくさん聞かせて頂きました。

いっぽんは、立ち上げ当初から一人一人の想いのバトンを現地へつなぐ活動を実施しております🍀

今後も、北海道から全国各地へ想いのバトンをつなぐ、架け橋となれるような団体を目指して、直向きに活動して参りたいと思います🤝

今週末、全国の皆様がご無事でありますように🙏

***

また、多くの情報が飛び交うことが予測されます。

どうか、シェア・拡散は慎重にされ、必要な情報が必要な方へ、正しく届きますように、どうぞ宜しくお願いします。

*

今回、私達を快く受け入れて下さった団体様です。

ぜひ!
FBページをいいね👍して頂き、応援・情報チェックを宜しくお願いします🔍
↓↓↓

「災害救援 レスキューアシスト」
https://www.facebook.com/rescueassist/

「災害NGO結」
https://www.facebook.com/ngoyui/

*

これまでの活動報告もこちらからどうぞ💡
↓↓↓
http://www.sunabi.net/ipponinfo20180914

一般社団法人 いっぽん
事務局 佐久間奈々